|||||||||ドゥータックスはお客様の権利と財産を守ります!|||||||||

昭和63年改正

相続税・贈与税の改正(平成27年1月以降実施)


 平成25年度税制改正により相続税・贈与税が改正され平成27年1月以降発生する相

 

続・贈与から適用されています。

 

 遺産から差し引くことができる基礎控除の金額が4割減り、課税対額が増えたほ

 

か、最高税率が50%から55%に引き上げられました。相続税の納税者は年4.8


人から7人程度に増加し、年間1兆3千億円の相続税収は2千億円から3千億円程度増


えるものと予想されています。 

 

(従来の基礎控除の計算)


  5,000万円+法定相続人1人あたり1,000万円


    相続人が妻と子2人の場合控除合計は8,000万円となります。

 

(改正後の基礎控除の計算)


  3,000万円+法定相続人1人あたり600万円


    相続人が妻と子2人の場合控除合計は4,800万円となります。


 

相続税改正と相続税課税割合の推移

 

 バブル期における地価上昇とともに相続税の課税割合は急速に上昇。これを受けて

 

昭和63年、平成4年、平成6年改正で現行の基礎控除となりました。改正内容、相続税


課税割合の推移は下記のとおりです。

平成4年改正

平成6年改正

  (昭和63年改正前)基礎控除2,000万円+法定相続人1人あたり400万円


  (昭和63年改正後)基礎控除4,000万円+法定相続人1人あたり800万円


  (平成 4年改正後)基礎控除4,800万円+法定相続人1人あたり950万円


  (平成 6年改正後)基礎控除5,000万円+法定相続人1人あたり1,000万円

 

 

 

相続税率の改正(相続税額速算表)

Copyright(c)2010 Do-TAX Co. All Rights Reserved. 免責条項

近年の贈与税の主な改正

 

(平成13年改正前)

  

基礎控除 60万円

  

住宅資金非課税 300万円まで

   

(平成13年改正後)

  

基礎控除110万円

  

住宅資金非課税550万円まで

   

(平成15年改正後)

  

基礎控除110万円

  

住宅資金非課税550万円まで

  (平成17年で廃止)

 

相続時精算課税制度

 

・一定要件下で2500万円まで 

・住宅資金は別途1000万円まで
・相続発生まで贈与税を繰延べ

 

(平成21年改正後)

   

基礎控除110万円

 

住宅資金非課税500万円まで

・所得制限なし

 

又は1500万円まで

・所得制限がある

・23年のみの場合1000万円まで

 

相続時精算課税制度

 

・一定要件下で2500万円まで

・住宅資金は別途1000万円まで

・相続発生まで贈与税を繰延べ


(平成23年改正後)

   

基礎控除110万円

 

住宅資金非課税500万円まで

・所得制限なし

 

又は1500万円まで

・所得制限がある

・23年のみの場合1000万円まで

 

相続時精算課税制度

  

・一定要件下で2500万円まで

・住宅資金は別途1000万円まで

・相続発生まで贈与税を繰延べ


 ※ 贈与者の年齢の改正

 

(現 行)65歳以上

 

(改正後)60歳以上


 ※ 受贈者の対象の改正

 

(現 行)20歳以上の推定相続人


(改正後)20歳以上の子・孫


代襲相続人でない孫については

相続時に2割加算の対象となる

税理士高木総合事務所
事 務 所 ご 紹 介
遺産相続のお客様に
相続手続き早わかり
相続税申告の計算例
土地評価の基礎知識
不動産の投資と相続

贈与税率の改正(贈与税額速算表)

||相続コンサルタント||税理士 ||

||行政書士  ||宅建士 ||

||不動産コンサルティングマスター ||

無料電話相談受付中

代表 高木日出夫

相続税・贈与税改正 / 政府税制調査会 / 相続税・贈与税増税 / 基礎控除4割相続税率改正 贈与税率改正 相続税課税割合上昇 / 株式会社DO−TAX 税理士高木総合事務所

相続対策のお客様に
相続対策と税務調査
相 続 [相談事例集]

  相 続【相談事例】掲載中

  遺産相続のお客様に

 相続PTSワンストップービス相続全体の費用/時間/税金の無駄をカットします。

◆税理士による群馬電話相続無料相談≫随時受付中 相続相談事例掲載更新中

inserted by FC2 system